プレゼントです。
サブリミナルサウンドプレゼント
「人脈を作る」サウンドを配布中です。
script type="text/javascript">
運命というのものが決まっていて、その通りにしか成らない・・・

これが一般的な見解だと思います。

もし運命的な寿命が(東洋古典では算といいます。)

人為的なもの(努力)で変えることができるのなら・・・

少し素晴らしいと思いませんか?

いろんな学問や占星術などの一種の確率統計学が示すように

「運」というものは誰しも感じるはずです。

「死の運命」を変えた話があります。

昔、旅をしていた僧侶がある町人とすれ違いました。

僧侶はその男に「おぬし死相が出ているぞ」と声をかけ

僧侶は男に近いうちに「刀兵の難に遭い命を落とすこと」を伝えました。

その僧侶は男とは初めてあったのに関わらず災難に遭う理由として

その男の先祖の悪行が廻り回ってくる旨を言い当て

身内しか知らないことを初対面の僧侶に全て言い当てられ

思い当たる節もあり顔面蒼白になりました。

僧侶はそのまま立ち去りました。

男は悩み考え抜いた結果、近くのお寺の住職に相談します。

結果、男は今までの行動を改め、反省し

頭を丸め、小僧としてお寺で働き、懸命に奉公しました。

やがて、死の運命を予見した僧侶と再開します。



僧侶は出家した男を見るなり

「おおお!顔から陰の気が消えている。死相が消えている」



と言い、奉公に出た男は夭折することなく

天寿をまっとうしたという話があります。



この話からすれば「心、感情」の持ちようで人は運命を変えることが

できるということが言えると思います。

同じような話は実は他にもあります。



例えば癌になり医者に余命を言われたことがきっかけで

今までの自分人生を振り返り反省します。



病になり今まで「当たり前」と思っていたことが実は尊く

有難く思えた瞬間、その人に「気づき」が起こります。

俗に言う人生の転機です。



寺山心一翁先生の場合は腎臓癌がきっかけで今までを反省し

心眼が開き、更に御自身の病に対し「感謝の念」を実感できたことにより

(代替療法も実践)結果的にガンが消えていたという実話もあります。





人脈を作る音源です。まだの方はこちらからどうぞ



http://bit.ly/kDUjL4




応援ポチよろしくお願いします。





人気ブログランキングへ



ブログランキング・にほんブログ村へ

 
タグ:運命
posted by テラ@さん at 21:55 | Comment(0) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近のコメント
「呼吸を止めたら●●億円」 by 栞子 (02/19)
「秘密」を実行してみる by 翡翠ヒスイ (01/19)
漫画で自己紹介 by ウルフ (06/02)
漫画で自己紹介 by ウルフ (06/02)
【超感覚が身につく写経】 by asano (02/23)
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。